Amazon echoはつかえるのか?いろいろ試してみた

Amazon echoはつかえるのか?いろいろ試してみた

前回、Amazon echoの購入招待が来たことを記事にしましたが、実際に使ってみたレビューを書いときます。

声だけで操作できる優越感

初期設定だけはスマホ等のアレクサアプリが起動できる環境が必要ですが、設定が終われば、後は声だけで操作できます。

「アレクサ、今日のニュースは?」
こんな感じで、Amazon echoに問いかけるだけで、つらつらとニュースが流れます。
明日の天気だったり、鉄道の状況なんか問いかけることができます。

最初は、声に出して質問するって、なんとなく恥ずかしかったんですが、
慣れてくるとバリバリ指示出す宇宙船の司令官な気分です。

「アレクサ、敵の状況は?」
「アレクサ、ダメージコントロール急いで!」
的な…

Amazonの購入履歴からも情報を引っ張ってこれるようで、
「アレクサ、○○の値段は?」
といった問いかけもでき、おぉーと感動してしまいました。

今までカップラーメンの待ち時間なんか適当でしたが、これからは
きっちり3分待つことができます。
「アレクサ、3分のタイマーを開始!」

気になるところ

個人的に気になったところです。

「アレクサ」と問いかけると質問受付状態に遷移するのですが
活舌が悪かったり、寝起きでモゴモゴしてたりすると「アレクサ」
の問いかけに反応しないことがあります。

質問の受付状態のときには、本体上部が光るので、見ればわかるのですが寝ながら質問したり、本体に対して背を向けてたりすると質問を受け付けてくれたのか、わからんのです。

「アレクサ」と問いかけたら、「ポン!」でも「はい」でも音で反応を返してくれたらいいなぁと思いました。

 

買ったほうが良いのか

Google homeを所有していないので、なんとも比較ができませんが、声だけで検索できて結果も音で返ってくる、というのは意外に便利です。

特に重宝しているのが、朝の忙しい時間帯。

出社ギリギリまで寝ていたい意識の低い私は、特に朝があわただしく、いろいろと情報を得る時間がないのです。
そんな中、Amazon echoは便利で、寝癖を直しながらニュースを聞き、今日の天気を聞いて傘を持っていくか判断し、着替えながら鉄道情報を聞く、ということができます。

なので、私のような朝弱い人には強くお勧めできます。