容量無制限のAmazon Driveが死んだ

容量無制限のAmazon Driveが死んだ

クラウドストレージに夢を見ていたときがありました。

クラウド上にファイルを置いておける、いわゆるクラウドストレージサービス。
各社が手を出して、撤退していった悪魔のワード。

「容量無制限」

私のようなデータをため込む体質の人にとって、非常に魅力的な言葉です。
しかし、サービスを提供する側にとっては気軽に言い出してはいけない言葉です。

かつて容量無制限で話題になったBitcasaも、今では撤退してしまったし、
大企業マイクロソフトが提供していたOneDriveの容量無制限プランもなくなってしまった。

Bitcasaユーザだった私は、悩んだ末に避難先としてAmazon Driveに逃げ込んだわけです。
そのAmazon Driveも容量無制限を辞めてしまうとのこと。

うーん。あのAmazonでも容量無制限は無理なのか・・・。
日本版のAmazon Driveでは、まだ容量無制限プランが残って居るみたいですが、消えるのも時間の問題でしょう。

Bitcasaの時のように、また移住先を探す旅に出る。というところですが、
もうクラウドストレージには頼らない。

自前でストレージサーバ建てよう。

ということで、これからはのんびりとサーバを作っていくことにします。
進展があったら記事書きます。