Amazon.comでGeforce GTX 1080Tiを注文したときの話3 開封と絶望編

Amazon.comでGeforce GTX 1080Tiを注文したときの話3 開封と絶望編

前回に引き続き、Amazon.comでEVGAの1080Tiのグラボを買った話。

GWは終わってしまったけども、目の前には2枚の1080Tiがある!!

このときのテンションはMAX。
しかしよく見てみると、上の箱の方はフィルムがないのに対し、下の箱の方はフィルム包装がされている。

税関通るときに、運が悪いと容赦なく箱を開けられるので、それに当たったんだろう。

このときは、そう思っていた

ワクワクしながら、フィルムがない上の箱の方を開封
フィルムはがす手間がなくて楽ちんだ。

このときは、そう思っていた

パカッ

おおおおおー
ようこそ我が家へ!!
1080Tiさん!!!

喜びのあまり、しばらくブレブレの写真が続く。

ちょっと落ち着いた。

・・・ん?

んんん??

おまえ1080Tiさんじゃなくて、

1080じゃねぇか!!!

そう、1080Tiの箱の中身は1080だったのです。

気づいたのはインターフェースを見たときのこと。

1080TiではDVI端子は居ないはず。
しかし、こやつはDVI端子ついてるし。表記も「GTX 1080」だし。

どう見ても、1080Tiではない。

よく見ると、新品のグラボに付いている端子部分の保護カバーが付いていない。
ヒートシンクの中にホコリ入ってるし。

君、さては中古品だな!?
あー、今回は海外通販なので、USED品と言った方が正しいか。

そんなことはどうでも良いんだけど。
どゆこと?

PS2のケースに違うゲームのディスク入れちゃって、何が何だか分からなくなっちゃうパターンを何となく思い出したり。

次回、考察と返品編を書こうかと。